断捨離でメリカリなどで売らずに捨てるメリットは?

断捨離でメルカリなどで売らずに捨てるメリットは?

今、流行りの「断捨離」。

フリマアプリでも「断捨離中です」と記載されている商品をよく目にします。

「断捨離」を行うということは、不要となったものを売るためのものなのでしょうか?

断捨離の目的は「自分にとって何が必要なのか」を見つめ直すことなのです。

断捨離でメルカリなどで売らずに捨てる理由

本来の断捨離とは

断:入ってくるいらない物を断つ。
捨:家にずっとあるいらない物を捨てる。
離:物への執着から離れる。

(引用:Wikipedia

という意味なのです。

これを見ていくと「物への執着から離れる」というのが、大きな目的ではないでしょうか?

「物」には「お金」も含まれるのです。

フリマアプリで「物」を売って「物(お金)」を得ようと考えている場合は「断捨離」ではなく、「大掃除」とも言えるでしょう。

家の中にいらない物がたくさんありあなたのスペースがないなら、どんな形でも不用品を手放すことはいいことです。

フリマアプリで儲けたお金で、新しいものを買ってしまう場合は「断捨離」とは言えませんね。

年末に向けて断捨離をすべきもの5選

年末に捨てるもの5選

年末に向けてそろそろ部屋の片づけをしている人もいるのではないでしょうか?

あなたは何を捨てたいと思っていますか。

まずは断捨離のためのゴミ袋を用意しましょう。

洋服

クローゼットやタンスの中を見ると、着なくなった洋服がいっぱい、中には「痩せたら着よう」と昔の服を置いてる方もおられると思います。

洋服類は「捨てるのが惜しい」というよりも「またいつか着られる機会があるのではないか」と思ってしまう品です。

よく考えると、ここ数年出番がない洋服も多くありませんか?

洋服は断捨離がしやすいのです。

  • 一年以上着ていない
  • 色あせて見える
  • 洋服の存在自体を忘れている

など、あなたが断捨離を行うポイントを決めてしまうと、スムーズに行えます

キッチン用品

キッチン用品

意外と増えていくのがキッチン用品です。

とくにお鍋の数が多いお宅もあるのではないでしょうか。

古くなってきたお鍋を見て、「そろそろ替え時だな」と思ったあなた。

新しいお鍋を買ったものの「たくさんの料理を作る場合はお鍋の数もいるかも」と結局古いお鍋を残していませんか?

今では百均ショップも充実していますので、ついついキッチングッズを購入してしまいますよね。

しかしそのキッチングッズは本当に必要でしょうか?

お気に入りのお皿を見つけて購入したものの、使う時がないなんてこともあります。

  • 使用後の手入れがめんどくさいので使用していない
  • 使いみちが一つしかないキッチングッズ(包丁でじゅうぶん代用できます)
  • 必要な鍋の数や種類を考える
  • 食器はどれくらいの種類あれば足りるのか

これらをポイントに断捨離を行うと、効率があがります。

食器類はご家庭の人数に合った数だけ残して、あとは処分してしまいましょう。

本や雑誌類

意外と集められているのが本や雑誌、これらは本当に捨てにくいものです。

またいつか読みたい本、大好きなアイドルが載っている雑誌。

どれも捨てがたいものだと思います。

「断捨離を行う」と決心すると、不思議と不要なものと必要なものをしっかりと仕分けすることができます。

本や雑誌類は「捨てる」と考えると、処分しにくいものです。

自分自身で「断捨離だよ」と思いながら、不要な物を選んでください。

書類

書物

書類箱や書類入れを作っている人は多いのではないでしょうか。

それが一年もたてば、山積みになっていることもあるでしょう。

とくにお子さんが入学した年は、残しておいた方がよい書類もあります。

高校生や大学生になると、授業料の支払日などが書かれているプリントは3年間ほど保存しておかなくてはならないものもあります。

しかしそれらを一枚一枚見ていってください。

  • 日付が古いもの
  • 必要がなくなったもの
  • 入学式のしおりなど

が残されていませんか?

書類はあまり気にせず、どんどんと山積みされている方も多いでしょう。

それらを数年ほったらかしにしておく人もいるのでは?

きっとこの書類を整理すると、かなりスッキリします。

まずは書類の断捨離から行うと、楽かもしれませんね。

ときめきがなくなったもの

どんなお気に入りでも、歳月がたつと汚れが目立ってきたり、部屋に合わないようになってきます。

そして「断捨離」には大変必要な「ときめき」ポイント。

断捨離を行う時は、すべてを捨ててしまおうという勢いは必要ありません。

どんなに古いお鍋でも愛着を感じ、手放したくないと思えば捨てなくてもよいのです。

断捨離を行う時には、あなたの「ときめき」の直感が大切になってきます。

このときめきの直感で、大型のものまで断捨離が行えます。

ソファやベッド、テーブルなどはどうでしょう?

必要なものは置いておくしかありません。しかし「なくてもなんとかなる」という大型製品なら処分してしまうのも一つの方法です。

毎日断捨離にはどんな効果がある?

毎日断捨離をおこなうためには、継続が必要となってきます。

  • 一日に断捨離を行う個数
  • 一日に断捨離を行う時間

このふたつを決めてしまいましょう。

毎日断捨離を行うと、必要なもの、不要なものを見極める力がついてきます。

今までなら「これ気に入ったから」という理由で購入していたはずです。

しかし断捨離を行うと「これを買った場合、どんな役に立つのか?本当に必要なものなのか」と一度考えるクセがついてきます。

毎日断捨離をおこなうと、物への執着は減っていくでしょう。

【まとめ】断捨離で売らずに捨てる理由

断捨離は物欲への執着から抜け出せる方法です。同時にあなたの心にも余裕が出てくるでしょう。

現在ではミニマリストと呼ばれる人も多くなってきました。ミニマリストとは必要最低限のものしか持たない人たちの総称です。

このミニマリストたちも、初めは「断捨離」から入った方も多いそうです。

断捨離で「あれもいらない」「これもいらない」と考えていくうちに、本当に必要なものが見えてくるのでしょう。

そして断捨離を行い、ミニマリストになった人たちから「心に余裕ができた」「欲しいものが見つからないから、お金が少なくても好きな職業につける」という言葉を聞いたこともあります。

これこそが断捨離を行った結果ではないでしょうか。

「断つ」「捨てる」「離れる」というのは人間の欲のことかもしれませんね。