カラーボックス廃棄方法

カラーボックスの処分方法3選!粗大ゴミで捨てる方法は?

引っ越しや部屋の模様替えで、不要になったカラーボックス。

自治体よって処分手数料や、「ゴミ」の種類も異なるカラーボックスです。

カラーボックスの大きさによっては、有料ですが有料粗大ゴミ処理券を購入して、粗大ごみ回収で処分する必要もあります。

大きなカラーボックスの場合は回収日に持ち運びの手間などがかかるので、手軽に即日回収してもらいたい方は必見!不用品回収業者に依頼するのもオススメ!回収パンダでは、カラーボックッス以外の大型家具や家電、自宅にある大量の不用品もまとめてスッキリ片付けられます。

カラーボックス以外の回収品目はこちら

その他自分で持ち運びできるぐらいのものであれば、粗大ごみにならないケースもあるでしょう。

今回はカラーボックスの廃棄方法や、処分手数料を解説します。

カラーボックスの処分方法3選

カラーボックスのサイズもさまざまなものが売り出されており、中にはキューブ型の一つだけのカラーボックスも見かけますよね。

カラーボックスのほとんどが木製ですので、キューブ型のカラーボックスなら「可燃ごみ」などで処分できる可能性があります。

各自治体指定のルールが異なるので、お住まいの地域の自治体に相談してみましょう。

では、自治体の粗大ゴミとして処分する以外に、どんな処分方法があるのでしょうか。

ここからはご自身に合った処分方法をチェックいただき、カラーボックス処分方法のご参考にしてください。

粗大ゴミで廃棄する

カラーボックスは、粗大ゴミで処分することができます。

粗大ごみとして処分するのは有料ですが、比較的安価な価格で処分できるのがメリットです。

デメリットは有料粗大ごみシールを購入して、指定された日時に処分する手間がかかります。

粗大ゴミは有料化されている自治体も多いので、お住いの自治体にお問い合わせください。

また、カラーボックスのサイズによっては、「可燃ごみ」として処分することもできます。

キューブ型の一段カラーボックスなら、粗大ゴミとして処分しなくてもよいかもしれません。

リサイクルショップに売る

カラフルな色のカラーボックス。

模様替えをする時に、カラーボックスを変えるだけで部屋の印象がかなり違ってきますよね。

リサイクルショップでもカラーボックスを引き取ってもらえます。

最近では出張買取をしているリサイクルショップもあります。

カラーボックスは、長年使用していてもキズがつくことは少ないでしょう。

キレイな状態であれば、あなたが考えている以上の価格がつくこともありそうですよ。

小さなお子さんがいるご家庭のカラーボックスは、シールが貼られていたり落書きされていることもあります。

どうしてもリサイクルショップで売りたいと思われる方は、シールはがしの道具や専用の洗剤を使って、キレイにしてからリサイクルショップに持ち込みましょう。

リサイクルショップのデメリットは、シールが貼られているカラーボックスや、落書き・色落ち・大きな傷があるカラーボックスは、引き取ってもらえない可能性があります。

必要されている知人などがいる場合は譲ったり、寄付をするのも選択肢のひとつでしょう。

不用品回収業者に依頼する

家の大掃除や引っ越しの際に、かなりの量のカラーボックスが不要になることもありますよね。

そのような時には、不用回収業者に回収を依頼するのもよいでしょう。

回収パンダの魅力はなんといってもお電話1本で即日回収が可能!自治体回収ように指定された日にちに準備する必要もなく、ご自身の都合のよい日に処分ができます。

大量に不用品がある場合も安心!お得な不用品回収プランを活用ください。

経験豊富なスタッフが無料でお見積もりさせていただきます。

回収パンダでは、不用品回収の他買取も行っています。

カラーボックス以外の不用品もまとめて断捨離してしまいたい方必見!査定額が納得いかなければ拒否いただいてもかまいません。

処分すればお金はかかりますが、買取してもらえたり多少利益になるので節約になりますよね。

買取できるものは、買取して不用品は処分できる裏ワザを使えば、カラーボックス以外のものもスッキリ処分できますよ。

手順は簡単!お電話1本で即日回収!まずはお気軽にLINE・お電話でも質問してください。

回収パンダのお問い合わせはこちら

家の大掃除や引っ越しの時には、カラーボックス以外にも不要となったものが出てくることもあります。

不用品回収業者では「トラック積み放題パック」というサービスも用意されています。

そのようなサービスを利用すれば、カラーボックスを回収するついでに、他のものも一緒に処分できますよね。

カラーボックスを各自治体で廃棄する方法と価格

カラーボックスを自治体で処分する場合はどうすればいいでしょうか。

また何円程度の料金がカラーボックス処分にかかるのか地域ごとにご紹介します。

「粗大ゴミ」は各自治体によって、サイズや長さが決められているゴミとなるので、お住いの自治体やクリーンセンターに確認するのが一番よいでしょう。

カラーボックスの処分手数料は自治体によって違うので、ご注意ください。

では、いくつかの自治体を例にご紹介します。

横浜市の場合

大阪市の場合

  • 最大の辺または径が30センチメートルを超えるもの
  • カラーボックスの処分費用

川崎市の場合

川崎市では、カラーボックスは500円の処分手数料がかかります。

札幌市の場合

リサイクル用品として回収してもらう場合には、リサイクル処分シールを購入してください。

【まとめ】カラーボックスの廃棄方法

自治体によって、カラーボックスの処分手数料には、かなりの違いがあることがおわかりいただけたでしょうか。

札幌市のように、「リサイクル用品」として回収してもらえる自治体もあるので、お住いの自治体に問い合わせてみるのもよいでしょう。

カラーボックスの素材は木材なので、解体すれば無料のゴミとしても出すことができます。(木材ゴミは、自治体によって扱いが異なることもあるので、確認してください)

ゴミ袋に入るサイズにカットするだけなので、意外と簡単に解体できそうですよ。

神奈川県川崎市ではカラーボックス一つでも500円の処分手数料がかかりますから、大量のカラーボックスがある場合は、不用品回収業者の回収パンダにお任せください。

カラーボックス以外の不用品回収、買取もおこなっております。

見積もり無料・別途費用無しの回収パンダまで、お気軽にお問い合わせください。