4コピー機・業務用コピー機の処分方法5選

コピー機の処分方法5選!家庭用や業務用のほか複合機や複写機にも対応!

処分方法がわからず置きっぱなしになっているコピー機をお持ちではありませんか?

コピー機には家庭用や業務用のほか複合機や複写機など、さまざまな種類があります。

コピー機の処分方法は種類によって異なるのでご注意ください。

この記事では、コピー機の処分方法5つとコピー機をご自身で解体する手順などをご紹介します。

コピー機を処分するときの注意点!

コピー機は「家庭用」か「業務用」かによって処分できる方法が異なります。

まずはお手持ちのコピー機が家庭用か業務用かを確認しましょう。

家庭用のコピー機の場合、自治体の粗大ごみとして捨てることができます。

一方、業務用コピー機は産業廃棄物扱いになるので粗大ごみで捨てることができません。

業務用コピー機は回収業者やメーカーに引き取りを依頼する必要があります。

コピー機の種類に合わせて適切な方法で処分しましょう。

家庭用・業務用コピー機の処分方法5つ

並べられたコピー機

家庭用・業務用のコピー機を処分する方法は5つあります。

  • 自治体のごみで捨てる
  • メーカー回収
  • 不用品回収業者に依頼する
  • リサイクルショップで売る
  • 知り合いに譲る

コピー機の種類や状態によって最適な処分方法は違ってきます。

あなたにピッタリの処分方法を決めるのに参考にしてみてください。

自治体のごみで捨てる

家庭用のコピー機なら自治体のごみで捨てられます。

コピー機は大きさや重量によって「不燃ごみ」もしくは「粗大ごみ」で排出します。

ごみの分別方法は自治体によって異なるので、お住まいの市町村ホームページなどで確認しましょう。

不燃ごみの場合は無料、粗大ごみの場合は処理手数料がかかります。

例えば東京都台東区の場合、コピー機は粗大ごみ扱いになり、処理手数料は1,200円。

粗大ごみを出すには、事前申込やごみ処理手数料券の事前購入が必要です。

また、自治体のごみでコピー機を出すときは、インクカードリッジを抜いておき、本体に残ったデータなどもすべて消去しておきましょう。

業務用のコピー機は自治体のごみでは捨てられないのでご注意ください。

メーカー回収

業務用のコピー機はメーカーに回収を依頼できます。

家庭用のコピー機は回収対象ではないのでご注意ください。

また、同一メーカーの製品でないと回収対象にならない点にも注意しましょう。

例えば、キャノン製品のコピー機をシャープに回収依頼することはできません。

コピー機のメーカー回収には費用がかかります。

回収費用の相場は20,000円〜40,000円ほど。

コピー機の重量によって価格が変わってきます。

また、回収費用のほかに「再資源化費用」も必要です。

再資源化費用もコピー機の重量で価格が違い、2,100円〜18,000円。

業務用のコピー機を処分したい場合は、メーカー回収も一つの選択肢です。

不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者なら、家庭用・業務用どちらのコピー機でも回収が可能。

指定の日時に自宅やオフィスまで回収に来てもらえるので便利です。

「手間なくコピー機を処分したい」という方にオススメの方法です。

注意したいのは、業務用コピー機を回収できるのは「産業廃棄物運搬許可証」のある業者のみ、という点。

業務用コピー機は産業廃棄物なので、取り扱いには許可証が必要です。

不用品回収業者に依頼するときには、業務用コピー機を処分したい旨を事前に伝えてください。

悪質業者は許可証が無いのに依頼を引き受けたりする場合もあるので、業者のホームページなどで許可証があるか確認しておくのもいいでしょう。

回収パンダでは、家庭用コピー機の回収を2,200円〜承っております。

コピー機はもちろん、さまざまな不用品の回収・買取に対応!

不用品の量に合わせたお得なプランや積み放題パックもご用意しております。

お見積もりは無料ですので、ぜひお気軽にご相談ください。

回収パンダの料金プランとご利用の流れ

リサイクルショップで売る

状態の良いコピー機ならリサイクルショップで売ることもできます。

使用年数の浅いものや人気ブランド品なら高値で売れる可能性も…。

店舗に持ち込んで査定してもらいましょう。

店舗まで持っていくのが難しい場合は、出張買取を利用するのもいいでしょう。

出張買取は自宅までスタッフが査定に来てくれる便利なサービスです。

店舗によっては実施していなかったり、希望の査定品の量や品目によっては断られることもあります。

また、出張費用を取られることもあるので注意しましょう。

知り合いに譲る

もしコピー機を欲しがっている知り合いや友人がいるなら、譲るのも一つの方法です。

「まだ使える状態だけどリサイクルショップでは売れそうにない」場合、知り合いに引き取ってもらえれば無料で手放すことができます。

また、ジモティなどのオンライン地域掲示板を利用すれば、近隣でコピー機が必要な人を見つけられることも。

ジモティは個人間でのやり取りになるのでトラブルには十分注意してください。

また、コピー機本体に残っているデータなどは全て消しておきましょう。

コピー機の解体方法は?カンタンに紹介(動画あり)

コピー機をご自身で解体したい方は上記の動画を参考にしてみてください。

電動ドライバーなど専用の器具が必要です。

コピー機の解体には時間と労力がかかるうえ、慣れていない方は怪我の危険性も…。

基本的には、コピー機は解体せずに処分するのがオススメです。

コピー機は不用品回収業者に依頼するのがオススメ

蓋の開いたコピー機

コピー機は家庭用と業務用で処分できる方法が違います。

家庭用なら自治体の粗大ごみで捨てることができます。

しかし、粗大ごみは回収日まで待つ必要があったりと不便な一面も…。

手間をかけずに処分したいときは、ぜひ回収パンダにお任せください!

東京・千葉・埼玉・神奈川の地域に最短即日対応いたします。

回収パンダでは不用品の買取もおこなっておりますので、コピー機の状態によっては買取も可能です

お見積もりは無料で承っておりますので、まずはお気軽にご相談ください。

回収パンダへのご相談はこちらからどうぞ