【東京都中央区】不用品回収・買取は回収パンダに

最近ではどこの自治体も、ごみを捨てることに厳しくなり、さまざまな種類のゴミ収集があります。

とくに粗大ごみは長さや、素材、電化製品などあらゆることを調べないと捨てられません。

また、粗大ごみによっては解体すれば、可燃ごみは不燃ごみとして捨てられるものもあるので、より困難となっています。

しかし一気に片付けたいのが粗大ごみです。

解体しても不燃ごみ収集日まで待てないということもあるでしょう。

そのような時は、不用品回収業者に依頼することをオススメします。

今回は東京都の粗大ごみどのようにして自治体で処分できるのか紹介します。

⇒東京都の回収パンダ対象エリア

東京都中央区で自治体に捨てられる粗大ごみは?

東京都中央区では、粗大ごみをごみセンターに持ち込めないようです。

  1. インターネットや電話で申し込み(1回につき10個まで)⇒申し込み方法
  2. 粗大ごみ処理券を購入⇒粗大ごみ処理券購入場所
  3. 粗大ごみに処理券を貼る⇒粗大ごみ料金一覧表
  4. 収集指定日と時間に決められた場所に出す⇒粗大ごみの出し方

このような手順で粗大ごみは収集されます。

粗大ごみ処理券は

  • A券 200円
  • B券 300円

となっており、粗大ごみ処理料金表を見て購入することとなります。

収集指定場所は下記のとおりです。

一軒家玄関先
集合住宅(マンション・アパート)1階に出す・通行の邪魔にならないよう気をつける

なおは箱物家具については、分類が統一されており、高さと幅により手数料が8段階に設定されています。

65以上もしくは障がい者で構成されているご家庭や、粗大ごみを玄関先まで持って行けない方は、管轄の清掃事務所へ連絡してください。

自治体で捨てられない粗大ごみ・不用品処分方法3選

「家電リサイクル法」により、大型家電は自治体で処分できません。⇒経済産業省HP

しかし不要になった大型家電をいつまでも家の中に置いておくわけにはいきません。

そのような場合は、他の方法で処分しましょう。

不用品回収業者に依頼

大型家電を、また購入するなら家電量販店でも有料で引き取ってもらえるでしょう。

しかし再購入する予定もなく完全に使えなくなったものは、不用品回収業者に依頼するしかありません。

不用品回収業者なら、めんどうな運び出しも業者が行ってくれます。

回収パンダでは不用品の買取も行っていますので、お気軽にお問い合わせください。(LINEでもメールでも受け付けております。)

古い型でも人気のある大型家電なら、意外な値段がつくかもしれません。

注意点は不用品回収業者は、認可を受けた業者だけが回収できます。

価格だけで不用品回収業者を決めるのではなく、必ず認可を受けたかどうかの確認をしてください。⇒環境省HP

フリマアプリなどで売る

フリマアプリで売るのもいい方法です。

とくに「ジモティー」では「0円価格」の商品も出すことができます。

「ジモティー」は、お住いの地域の近くの人が購入してくれることが多く、売り手側に費用がかかることはありません。

他のフリマサイトやオークションサイトでも売ることができるので、調べてみるといいと思います。

「郵送料」「手数料」は出品者持ちなので、価格をつける時はどれくらいの郵送料や手数料がかかるのか、確認してください

知人にあげる

不要になったものは、まだ使える物でしょうか。

それなら、知人に譲り渡してあげるのもいいでしょう。

自治台で捨てられないものは大型家電なので、もらう人も喜んでくれると思います。

また粗大ゴミとして処分できるソファーやリビングテーブルと言った大型粗大ごみも、きれいな状態であるなら引き取り手が見つかることでしょう。

注意点としては必ず水拭きなどで、きれいな状態にしておくことです。

東京都中央区でトラック積み放題は回収パンダに

回収パンダでは東京都中央区の不用品を回収しております。

もちろん「買取回収」も可能です。

まだ使える物なら一度お問い合わせください。

回収パンダでは、見積もり無料・階段料金不要で、不用品一つでも回収が可能です。

回収パンダのサービスでは、ぜひオススメしたいサービスがあります。

そのサービスとは「トラック積み放題サービス」です。

こちらは、ご自宅の大掃除や、引っ越し前に利用されるお客様が多く、大変人気なサービスとなっております。

もちろん、お客様にムダな負担がかからないように、回収前に見積もり伺いを行います。

不用品の量がどれくらいなのか、トラックは何台必要かなどの見積もりも無料です。

お問い合わせは電話やインターネットから行えますので、お気軽にご連絡ください。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。⇒回収パンダ

粗大ゴミの回収は他の県ではどうなっているの?

東京都中央区にお住いの方は、手順を見て「めんどくさい」と思われた方もいるかもしれません。

他市ではどのようになっているのでしょうか。

福岡県と兵庫県を例に見てみましょう。

福岡 中央区

福岡市中央区も、東京都中央区と手順や収集固数は変わりません。

大きな違いは、LINEでも収集申し込みができることです。

また粗大ごみが大きいものであれば、自宅から運び出してくれます。(ただし、条件付き・有料・1回につき5個までの制限有)

また、粗大ごみをごみセンターに持ち込むことも可能です。(要予約)

神戸 中央区

神戸市中央区では「粗大ごみ」ではなく「大型ごみ」として扱われています。

手順は東京都中央区と変わりません。

しかし申し込み1回につき5個までしか収集できないようになっています。

神戸市中央区では、出す時の注意点として「門や敷地内、家の中には入らない」ということが記載されています。

この点は、かなり厳しくなっているようです。

福岡県中央区や神戸市中央区では、ごみセンターに持ち込むことができるので、東京都中央区との違いがみられます。

どこの自治体でも粗大ごみの処分はあまり変わりがありません。