ベッドを無料で 処分

ベッドの処分方法6選カンタン安心に安く処分する方法を伝授!

引越しや模様替え、生活環境の変化などで、古いベットを捨てて新しいものに買い換えたいという方はいらっしゃいませんか?

ベットは大きい場所を取る家具なので、不要になったらできるだけ早く処分してスッキリしたいですよね。

しかしベットは一般ゴミで捨てることができないので注意が必要です。

業者に頼まずどうしても自分でベッドを処分したい方は参考にしてください。

またベッドの処分だけではなく、不用になったマットレスも自力で運ぶのは大変!処分に困りますよね。

マットレスが不要になったら不用品回収業者に依頼するのがオススメ!

マットレスの処分はこちら

いらないベッドを捨てるだけなのでできるだけ安い費用で、ベッドの回収はできればタダで捨てたいですよね。

この記事では、不要なベットの引き取りを無料でまたはできる限り安く処分する、ベッドの廃棄方法を6つご紹介していきます。

ベッドを処分する方法は6つ!

 

粗大ごみとして出す(安く捨てる)

自治体に粗大ごみ扱いで回収してもらう方法があります。

自治体やベット本体の大きさによって値段は違ってきます。

ベッドの処分の相場は1,000円~1,500円程度で回収してもらえます。

回収日が決められているので、回収してもらいたい日が決まったら、早めに自治体の粗大ごみ受付窓口に連絡するようにしましょう。

ここからはベッドの粗大ゴミの出し方についてご紹介します。

【粗大ごみとして出す手順】

  1. 自分が住んでいる地域の自治体に、粗大ごみの回収サービスがあるか確認する
  2. 粗大ごみ回収サービスがあったら、自治体の窓口へ粗大ごみ回収を申し込む
    ※自治体によってはオンラインで申し込みができるところと、電話やメールのみの受付のところがあるので注意。
  3. 粗大ごみ処理券を購入する
  4. 粗大ごみ処理券をベッドに貼って出す
    ※自治体によって粗大ごみの集荷場所が違います。家の玄関前に置いておけばいいところもありますが、粗大ごみの収集場所が決まっているところもあるので間違えないよう事前に確認しましょう。

粗大ごみとして自治体に回収してもらうとベットの処分費用はかかりますが、安く済みますね。

デメリットとしては、階段のあるアパートやマンションに住んでいる場合、ベッドは重いので搬出が大変なことが挙げられます。

また、ごみ処理施設に直接持っていくことも自治体によっては可能で、その場合は回収よりも安くなります。 しかし車を持っていない方には難しいでしょう。

業者にお願いする(安心だけどお金がかかる)

ベットが不要になったらベッド回収業者に依頼することもできます。

値段は業者によって異なりますが、シングルベッドで2,500円〜5,000円から回収してもらえます。

部屋の中まで取りに来てもらえるので、労力をかけたくないという方や、力仕事に自信のない方、高齢者、階段で運ぶ必要のあるマンション住まいの方などにオススメの方法です。

粗大ごみとして出すよりは高いですが、手間を考えると実は一番お得かも知れません。

手っ取り早くベッドを回収してもらいたいという方は、業者にお願いすることを選択しましょう。

ベッドの処分に困ったら回収パンダにお任せください!回収パンダでは、不要になったベッドの引き取り回収だけではなく、買取も行っています。自宅にある不用品をまとめてスッキリ処分したい方にはオススメ!

ベッドの処分、その他の回収品目はこちら

解体して捨てる(時間と手間がかかるけど無料)

ベッドの解体は大きくて自分ではなかなかできない、一般ごみとして出せないベッドですが、自分で解体すれば一般ごみとして無料で捨てることもできますよ。

無料で捨てたいという場合や、ベッドが破損していたり汚れがひどかったりして、リサイクルショップに売れない状態の場合にオススメの方法です。

デメリットは、とにかく手間と時間がかかることです。ベッドを処分するのに解体業者に依頼するまでは考えていなくて、できたら自分でしたい!そんな方は、ベッドの分解の仕方は素手で解体することはできないので、のこぎりや釘抜きなど工具を準備する必要もあります。

電動のこぎりをお持ちの方なら楽に解体できますが、手動のこぎりだと想像以上に時間と労力がかかる上、慣れていない人は怪我をすることもあるので気をつけましょう。

記事の最後でベッドの解体動画を紹介しているので、ぜひそちらも参考にしてみてください。

リサイクルショップに売る(プラスになるかもしれない)

ベッドを無料で引き取りしてほしいとき、状態の良いベッドならリサイクルショップへ売りましょう。

うまくいけば不要なベッドを処分するのにお金がかかるどころか、逆にちょっとした臨時収入になるかも知れません。 ブランドのベッドなら高額買取も期待できますよ。ただしベッドが壊れていたり、状態の悪い古いベッドは買取してもらえないケースもあります。

またリサイクルショップによっては、回収サービスも行っている店があります。 その分買取金額が安くなってしまったりもしますが、自分で持ち込むのが難しいという人は活用してみましょう。

回収パンダではいらなくなったベッドの回収だけではなく、買取も行っています。

まずはお気軽に無料見積もりからLINE・メールにてお問い合わせください。

ベッド処分は回収パンダへ

オークションで売る

ベッドの捨て方はさまざまな方法がありますが、リサイクルショップではなくオークションで売ることもできます。

オークションを使うメリットは下記ふたつがあげられます。

  • 自分で値段がつけられることと
  • リサイクルショップでは買い取ってもらえない傷や汚れがあっても、その旨を記載すれば承知の上で買う人がいるかも知れないこと

デメリットとしては

  • 売れるまでに時間がかかる場合がある
  • 売れたときに梱包が大変になるということがある。

手早く処分したい人には向かない方法と言えるでしょう。

知り合いにあげる(無料)

もし知り合いでベッドが欲しいという人がいて引き取ってもらえたら、不要なベッドを無料で引き取りしてもらい手放せます。

知り合いといっても遠くに住んでいる人だと送料が高くなるので、できれば自分で持っていける、もしくは相手が取りに来ることができる距離の人にしましょう。

ベッドを解体する方法

ベッドフレームの廃棄は、すのこタイプの木製ベッドフレームをのこぎりを使って解体する方法が紹介されています。 釘抜きを使って、木材と釘を分別して捨てましょう!

【結論】無料でベッドを捨てる方法はコレ!

 確実に無料でベッドを捨てる方法は、自分で解体して一般の燃えるゴミとして捨てる方法です。

しかし、大変手間と時間がかかるのですべての方にオススメできる方法ではありません。

ベッドの廃棄方法はさまざまなものがありますが、ベッドを最短で処分するベッドの処分方法は回収パンダにお任せください!

回収パンダではお電話1本で即日対応、即日回収が可能!まずはお気軽にLINE・お電話でお問い合わせください。

今回紹介したベッドを捨てる方法を簡単にまとまるので、自分に最適なものを選んでくださいね。

  • 粗大ごみとして出す
    メリット:安く済む。家の前まで回収がある自治体だと楽に捨てられる。
    デメリット:回収の日にちが決まっているのですぐに捨てたい場合には不向き。
  • 業者にお願いする
    メリット:家まで取りに来てくれるので楽チン。急いでいる人や手間なく処分したい人にオススメ。
    デメリット:値段が高い
  • 解体して捨てる
    メリット:確実に無料で捨てることができる。
    デメリット:手間と時間がかかり、作業中の怪我にも注意が必要。
  • リサイクルショップに売る
    メリット:売れたらお金が手に入る。回収に来てくれる店だと持っていく手間がない。
    デメリット:店まで持っていくのが大変。傷や汚れがあると買い取ってもらえない。
  • オークションで売る
    メリット:売れたらお金が手に入る。
    デメリット:売れるまで時間がかかる場合がある。梱包が大変。
  • 知り合いにあげる
    メリット:車で持っていける距離なら無料で処分できる。
    デメリット:持っていく手間がかかる。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です