足立区不用品

【足立区】廃品・不用品(冷蔵庫・洗濯機)を安く処分する方法は?

足立区で不用品回収を依頼するとき、どのように処分したらよいのでしょうか。

家電リサイクル法対象の、冷蔵庫・洗濯機などは粗大ゴミとして処分することができません。

法律に基づいた適切な方法で処分しなければなりません。

このようなゴミは即日回収してくれる、不用品回収業者に依頼すると便利です。

不用品回収で足立区で安く処理したいときは、粗大ごみとして処分するとよいでしょう。

粗大ごみは種類によって、費用も異なります。粗大ゴミを処分する方法、処分費用、粗大ごみで処分できないモノを捨てるときの方法などを詳しくご紹介します。

足立区の粗大ごみの料金は?

粗大ごみの出し方やルールは、お住まいの地域によって異なります。

ここからは足立区で粗大ごみの出し方、料金についてご紹介します。

足立区で粗大ゴミを出すときは、家庭ゴミの一辺の長さが30㎝を超えるものが、粗大ごみとなります。

ただし家法律の対象品目に定められた家電、冷蔵庫、洗濯機、エアコンなどは粗大ゴミとして処分できません。

これらは業者に依頼すると、手間と時間をかけずに一度でスッキリ片付けることができます。

粗大ゴミを依頼するときは、事前申し込みが必要です。粗大ごみ受付センターに、電話やインターネットで申し込みをしましょう。

粗大ゴミの処分は有料です。足立区有料ごみ処理券取扱所で有料シールを購入します。コンビニやスーパーなどで購入することができます。

有料シールを貼っていない場合や、ルールで決まった料金に満たないシールが貼られていないときは収集してもらえないので、気をつけましょう。

粗大ごみの処理手数料は、粗大ごみの品目によって5段階に定められています。

手数料は400円〜2,800円までです。ここからは品目による料金をご紹介します。

また取集ではなく、指定する場所に持ち込んで処分することもできます。

事前に粗大ごみ受付センターに申し込みをして、指定された粗大持ち込み場所へ、身分証明書も持参して処分しましょう。

布団の粗大ごみ費用は?

足立区で布団を粗大ごみとして処分するときは、手数料400円です。夏掛けや毛布、電気毛布なども処分できます。

ベッドの粗大ごみ費用は?

ベッドはサイズによって費用が異なります。

シングル、ダブル、セミダブルベッドは1,200円です。

2段ベッド2,400円
ソファーベッド1,200円
ベッドマットのシングル800円
ダブル、セミダブルのベッドマット1,200円

2段ベッドは2,400円。ソファーベッドは1,200円。ベッドマットのシングルは800円、ダブル、セミダブルのベッドマットは1,200円です。大きさによって料金が変わるので注意しましょう。

タンスの粗大ごみ費用は?

タンスを粗大ごみとして処分したいとき、サイズによって金額が異なりますので、粗大ごみ受付センターに問い合わせをしましょう。

粗大ごみとして処分できない大きさものなどは、不用品回収業者に依頼しましょう。

足立区で家電リサイクル法に定められたものは捨てられる?

足立区で家電リサイクル法に定められている家電、冷蔵庫や洗濯機などは、粗大ごみとして処分できません。

処分方法はメーカーの回収や、不用品の回収業者に依頼するのがよいでしょう。

家電リサイクル法では、適切な方法でリサイクルをすることが義務付けられているため、適切に処分をしなければなりません。

粗大ごみとして処分できない冷蔵庫や洗濯機などを不用品回収業者に依頼するメリットは、料金はかかりますが手間と時間をかけずに処分できます。

無料見積もりを依頼できるので安心です。電話一本かけると、自宅で待っているだけで搬出、処分までしてくれます。

リサイクルショップなどに持っていく場合、大きな家電をひとりで運ぶのは大変ですが、不用品回収業者に依頼すれば労力をかけずに一度にスッキリ処分できます。

家電だけではなく、そのほかのモノも一度に処分してしまいたいときはゴミの分別も不要で、一度に片付けられるので便利です。

廃品・不用品を自治体で捨てた方がいいものと業者に依頼したほうがいいものは?

結論からいうと、下記のとおり。

  • 家電リサイクル法で定められているもの ⇒ 業者に依頼
  • 家電リサイクル法で定められてない粗大ごみ ⇒ 粗大ごみ

さらに家電リサイクル法で定められていない粗大ごみで自分でごみを捨てる場所までもっていくのが困難な場合も業者に依頼することをオススメします。

不用品を処分したいとき、自治体で処分するのは有料です。メリットは比較的安く処分することができます。

デメリットは指定された日にちに、処分したい粗大ごみを持っていかなければなりません。

不用品回収業者に依頼するときのデメリットは、料金が自治体で処分するよりも高くなることです。料金は無料見積もりをしてくれるので、事前に依頼しておけば安心でしょう。

メリットは指定された日にちに処分できないとき、時間がなくお忙しい方や粗大ごみをひとりで運搬する労力が大変な方は、不用品回収業者は強い味方となります。自宅で待っているだけで、即日処分してくれます。

【まとめ】足立区で廃品・不用品を安く処分するなら?

足立区で不用品を安く処分したいとき、一辺の長さが30㎝を超えるモノは粗大ごみとして処分できます。

粗大ごみのサイズによって料金は異なりますが、安価に処分することができるでしょう。

粗大ごみとして処分できない廃品、不用品は、不用品回収業者に依頼すると便利です。

粗大ごみでは回収してもらえない、冷蔵庫や洗濯機なども一度に処分ができます。

まずは無料見積もりを依頼すると、安心してお任せすることができるでしょう。